福福餅

2017年1月2日のお正月のバラエティ番組でやってたセレブの社長が30万でヘリをチャーター、300円の大福餅を食べに行くネタがありました。その大福餅が楽天市場NO1に輝いたことのある福福餅なのでした。

楽天にあるってことはお取り寄せ出来るんじゃないの?ってサバンナの高橋から突っ込まれていました。たしかに、あす楽使えば・・・翌日着くのに。それよりも時間を買うのが大事な社長さんでした。

[スイーツおやじ] ブログ村キーワード

車もたくさん持っていて、しかも名車ばかり。日本で数台なんていうのはザラですよ。で、この番組、一人ずつセレブを紹介しては、誰が一番うらやましいかを決める番組。

稼いだお金を誰がどんな風に使おうが別にかまわないのですが、こういうところに出てくる人は立派で度胸もあると思うんですが、本当に羨ましい奴らは表に出ないんじゃないかな-。

管理人の知っている大金持ち、しかも筋金入りの、家系。その家系は織田信長の時代にも歴史に出てくる家系で、もちろん、信長が出てくる前から活躍していました。

そんな末裔がいる家系って言うのは、日本の上の方できっちり結ばれていて、やっぱり大きな会社の社長をやってるし、その社長は社長と繋がってるし。そんな方々のするお話は先祖の活躍話。

( ´Д`)=3

まさに華麗なる家系の一族で、そんな方々は私たちはお金持ちですなんて顔していないで、とっても謙虚で質素なのでした。でもね、お金のことになると、急に真顔になるんですよ。

お金の話をしてスキを見せたらすぐなくなっちゃうことがわかっているんですね。本当に安いお店に行ったときでも、お金をささっと計算しているしね。つまりお金持ちというのは、お金を持ち続ける人のこと。

だから、はためにはケチとか見えるかも知れないんですよね。って言うか、お金を持ってると、たかりに来る人が多いのでしょうね。その中でどこにお金を使うかって真剣に考えるものだから、自然にお金に厳しくなるんですね。

まあ、庶民には関係のなk話ですが。

で、うらやましいセレブに選ばれた社長は、博多モツ鍋屋。モツ鍋通販で当てたの山中さん。例の福福餅をヘリをチャーターして食べに行く太っ腹社長です。その福福餅というのは⇒こちら

その社長、ラジオ番組も名古屋で、持っていてさらに太っ腹。「よくね保証人になって失敗したって人いるでしょう。二度と人の保証人にならないって」・・ふむふむ、それは当然ですね。

ですが、その社長、番組で「私は違う、どんどん保証人になってあげる」って。ぞ~、こわ。なんちゅう発言するんやってびっくりしましたが・・・そこまで太っ腹な男だから成功したのかもね・・・

・・・管理人には無理だわ・・そもそも保証するほど信用ないし・・・

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ